注目を集めている【抗がん漢方薬】【癌 漢方治療】【がん治療 漢方】や末期がん治療相談を40年以上の施術経験をもとに、お客様の健康一番を真剣に考えます。

マルイチ薬品
  • お問い合わせ

    マルイチ薬品 高槻店
    店主:梯 紘一郎(カケハシ コウイチロウ)

    〒569-0051
    大阪府高槻市八幡町2-8
    Googleマップ
    気になる点、ご不明な点などがあればお気軽にお問合せください。

    tel
お問い合わせ・お悩み相談はこちら
  • 自然と仲良くなれば治すチカラが芽吹き心と体を癒す源となる
  • 暮らしに大切なこと家族の笑顔で生活が満たされていること

ガンでお悩みの方に

  • 紅豆杉

    雲南「紅豆杉」

    世紀を超える、太古の生命力
    最も氣の強い仙樹

    雲南紅豆杉は、新生代第4氷河期から今日まで厳しい大自然の風雪に耐え生き抜き、 現在残存している56種類の植物中でも、地球最古のもっとも貴重な仙樹です。 2億年前の中生代(恐竜繁栄期)から太古のままの姿で生き延びたため、 「太古の生きる化石」とも呼ばれています。 世界で最も磁場の良い所として有名な秘境地、中国南方の雲
    南省に自生する「雲南紅豆杉」は紀元
    前から宮廷で重用されてきた仙樹であ
    ることで知られています。

    紀元前の昔より王室専用の仙樹
    中国では、2.200年以上前の秦の始皇帝の時代から、歴代の王朝で、大変貴重な王室専用の仙樹として大切にされ、愛飲されてきました。雲南紅豆杉が日本に初めて紹介されたのは、今から約1.400年前の聖徳太子がいた時代でした。隋の王室から日本の皇室への贈り物としてもたらされたのが最初とされており、聖徳太子はこれを笏(シャク)として用いられたといわれています。


    門外不出から21世紀の仙樹へ
    歴代の中国の王室、日本の皇室では、大変長い間重宝がられた王室・皇室ゆかりの仙樹ですが、現代において世にでることはありませんでした。 それは、中国政府がこの貴重な仙樹である雲南紅豆杉を自然からの贈り物として保護する目的で、法律で国家一級保護植物に指定し、伐採禁止、売買禁止にしているからです。 歴史に残るであろう中国の英断は、昭和20年の終戦直後から、雲南省の高山地域に住む少数山岳民族である摩些(マサ)族(納西族の元祖)と協力し、毎年植林事業を行ったことにあります。その結果、ようやく絶滅の危機を脱したとの判断から、中国政府は、さらなる植林事業と研究推進の予算獲得政策により、日本と米国の2ヵ国に例外的に限定輸出することにしました。日本唯一の独占輸入製造元として中華人民共和国国家医薬管理局薬物研究院出資の(株)紅豆杉がその権利を取得し、雲南紅豆杉を100%使用した天然樹木茶とエキス粒を商品化しました。

ひとりで悩まずにお気軽にお問い合わせください